トルコリラNEWS!

スポンサーリンク

今週末10/12(金)にトルコ裁判所にてブランソン牧師釈放の審判があります。

釈放の可能性も十分にあります。



そんな、釈放ムードで、変わったニュースが…

・新しい証言(秘密の証言)が…

内容はなんだかよく分かりません。
(翻訳した記事を下記に掲載します)

正確に分かり次第に更新します。



でも、トルコリラには大きな動きはありません。

いや、逆に上昇ムードです。
これはポジティブニュースなのか?

釈放に有利な証言なのか?

スポンサーリンク

10月12日、米国の書記官Andrew Craig Brunsonの前に、新しい秘密の証人陳述書が登場した。秘密の証人、「Kama」と「Sword」は、Brunsonが古い教会員であるDidimの宗教活動の名の下に働いていたと主張した。

センバーデンヒュッリイェトによると、 「カーマ」と「剣」、コードネームの秘密の証人、受信式の6月21日、テロリズムのイズミル主任検察官及び組織犯罪局、旧教会の従業員の名の下ブランソン宗教活動彼はDidimで働いていたと主張した。
FetonとPKKの代わりに罪を犯しては、のために刑務所には約35年容疑者はケースが見られるように10月12日公聴会ではブランソン4を試されることを要求されたスパイ。

「剣」は言ったファイルの匿名の目撃者の公判前の文:「ディディム市場は職人のFMBによって与えられた招待状に対処友人に中古市場に設定し、MBAと一緒に行きましたが、私たちをここにBedroz「私は後で学びたい人を迎えている司祭でした。彼の演説の中で表彰台Bedroz、彼は両方の私の側に私の友人の注目を集めた。私は、多くの場合、不便会話の中でディディム教会の名を進んで聞く。彼らは、新たな形成を話していたが、彼らは何をこの組織を教えていませんでした。私と私の隣には、初めてここに私の友人であるので、それはです彼らは来るために私たちを信頼しなかったので。