トルコ重視のマーケットNEWS!

 

最近ご無沙汰のブランソン牧師ニュース!

10/12の審判で釈放される可能性が出てきました。。。

これはトルコリラにとって回復の予感です。

米国との関係修復が、今のトルコリラには必要!

注目のニュースは2つです。



スポンサーリンク



1、ブランソン牧師の釈放となるか!トルコ10/12の審判

米国のウォールストリートジャーナル(WSJ)の新聞によると、
トルコで拘束されている米国人牧師のブランソン牧師が、
10/12の審判で釈放される可能性があるとしています。

もし、ブランソン牧師が釈放されるとトルコリラは復活するはず。
とりあえずは20円台には戻ることでしょうね。

キーポイントは10/12の審判ですね。

Amerikan Wall Street Journal (WSJ) gazetesi, Türk ve Amerikan yetkililerin gazeteye yaptığı açıklamalar üzerinden kaleme alınan haberde, Pastör Andrew Brunson’ın “12 Ekim’deki duruşmada serbest bırakılabileceğini” yazdı.

【全文翻訳】

アメリカのWSJの新聞によれば、トルコ人の役人:ブルンソンは10月12日に公聴会で発表することができます。

米国のウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、10月12日、トルコとアメリカの関係者の声明に新聞に記された裁判で、Andrew Brunson牧師が解放される可能性があると報告した。

このニュースで言及されたトルコの当局者は、10月の裁判でブルンソンの釈放について「可能な結果」というフレーズを使用した。

新聞によると、ブリュンソン牧師は、 “これを行うことができるようにするために、トルコ当局は、米国の聖職者がワシントンに対する圧力を終了するために米国に送ったことを伝えることができる”というシグナルを伝えることができます。

ブランソンホワイトハウスについての私のNissenbaで書いた新聞のワシントン特派デビッド・ゴーティエ・ヴィラールとディオンニュースのトルコ支局長は、トルコにかかる圧力軽減することを決定し、それに書かれたが受け取ります。

この決定の背景に、恐怖を表現している、現像のトルコの経済問題は、他の市場に広がることがあります。

スポンサーリンク



2、エルドアンの国連演説に注目!トランプ大統領との会談なし!

9/25に行われるエルドアン大統領の国連演説!

シリアについての演説のようですが…

NYで行われる国連演説なら、トランプ大統領との会談もありえるのでは…

今のところトランプ大統領との会談予定は無いようです。

ここで大きな進展があればいいのですが…

Turkish President Recep Tayyip Erdoğan on Sept. 23 said a “terror swamp” east of the River Euphrates remains the “biggest problem” for Syria in the future.

“Currently the biggest problem for the future of Syria is the terror swamp, expanding under the auspices of some of our allies, east of the Euphrates,” Erdoğan said in a news conference ahead of his visit to New York for the UN General Assembly.