トルコリラなど デイリーNEWS!

 

先週は、ブランソン牧師解放による米国がトルコへの制裁を一部解除しました。
トルコリラは20.80円台まで回復!

詳細⇒ブランソン牧師釈放によるトルコへの制裁一部解除!

あとは、関税倍増の制裁解除を待つばかり…
これは米中間選挙後の首脳会談のお土産としてってところかな…



今週はビッグイベントあります。
11/6(火)米中間選挙!
これは為替には大きく影響しますので注目です。

その前に、
本日(11/5)16:00!
トルコ10月消費者物価指数(CPI)の発表があります。
インフレがどのように推移しているか…
注目です。



注目のニュースは2つです。

スポンサーリンク


1、トルコのチャウショール外務大臣が来日!

トルコのチャウショール外務大臣が、
日本の愛知県の一般社団法人日本トルコ文化経済交流支援協会に訪問しています。

テロ組織PKKについて語っています。

チャウショール外務大臣は、日本の愛知県にある一般社団法人日本トルコ文化経済交流支援協会を訪問し、ここで暮らすトルコ国民と交流した。

チャウショール外務大臣は、トルコから日本に来て国家裏切り行為をする者らに言及し、テロ組織フェトは2016年7月15日に謀反を起したのだと述べた。

スポンサーリンク



2、ハルクバンクの案件にて動きあり!

エルドアン大統領は、ハルクバンクの件について、トランプ大統領と約束がついたようです。

ハルクバンクの詳細についてはこちら

そして、
11/10~11にパリで開催される国際会議でトランプ大統領と会談予定です。
ここでの米国との関係改善の進展に期待です。

トルコのレフ ・ タイイップ・エルドアン大統領は、米国のドナルド・トランプ氏が、ハークバンク事件に関する閣僚に「指示を与える」と約束したと語った。

ロイター通信によると、エルドアン首相は、ウクライナのペトロ副首相との共同記者会見で、「われわれは、財務問題に関してハルクバンクに向けた措置をトランプと議論している」と述べ、 11月3日のイスタンブールのポロシェンコ。