マーケットNEWS!

 

トルコ政府は米国のコンサル会社と提携。
ポジティブニュースです!

そして注目されていたドイツのメルケル首相との会談は…

注目のニュースは2つです。

スポンサーリンク


1、トルコ政府は米マッキンゼー社と提携!

アルバイラク大臣は、米マッキンゼー社と提携することを発表!

マッキンゼー社とは米国のコンサル会社で、
トルコのニューエコノミープログラムの実施にあたって援護してもらえる会社。

トルコ政府として、
このマッキンゼー社を雇ってコンサルしてもらうようです。

とりあえずトルコにリラにとっては、ポジティブな方向です。

ベラットアルバイラ財務相はニューヨークで、国連首脳会議に出席した。私たちは国際的な管理会社であるマッキンゼーと仕事をすることに決めました。16の省庁からの代表者を擁しているこの事務所は、四半期ごとにすべての目標と結果を管理します。

スポンサーリンク



2、ドイツのメルケル首相との会談

月末、注目されていたドイツのメルケル首相との会談。

二国間の国際問題を協議するべく議論され、

2時間半以上も続いた会合で、テロ、難民問題、シリア情勢について意見交換。

9月に、
ドイツ、トルコ、そしてフランス、ロシアで4カ国首脳会談でシリア問題等に話を行う方針のようです。

トルコのレフ・タイイップ・エルドーアン大統領は、9月29日にゲルマ首相アンジェラ・メルケル( Angela Merkel)と会談し、二国間および国際問題を協議するための朝食を行った。

ドイツ政府のスポークスマンは、両国首脳は、両国間の「経済関係をさらに強化する」機会について議論したと地元のメディアに語った。