マーケットNEWS!

 

現在、米国ニューヨークで国連の第73回総会が開かれています。
米国トランプ大統領、安倍首相、エルドアン大統領のほか世界各国の首脳が米国最大都市に滞在しています。

そして、注目されていたエルドアン大統領の国連総会演説。
まあまあだったようです。

他には、至る所で首脳会談!

注目のニュースは2つです。

スポンサーリンク


1、エルドアン大統領の国連総会演説!

注目されていたエルドアン大統領の国連総会演説。

大きなサプライズはなく無事に通過!

エルドアン大統領の演説は、

・国連構造の批判
・シリア問題(難民問題)
・フェトフッラー派テロ組織への対応批判
など

アメリカのニューヨークで開かれている第73回国連総会で演説したエルドアン大統領は、「世界は5大国より大きい」と語り、今一度良心の声となった。

「国連安全保障理事会は、拒否権を持つ5か国の利益に奉仕し、実際に起こっている弾圧行為を傍観する構造となっている」と述べたエルドアン大統領は、演説で、その中東政策を批判しているアメリカ政府に対しても、「パレスチナに対する弾圧に対し沈黙している者による、彼らへの支援を制限しようという目論見は、弾圧者を大胆にするだけだ」と話した。

スポンサーリンク



2、エルドアン大統領が日本の安倍首相と会談

ビックリ!

マスコミ非公開で行われた、エルドアン大統領が日本の安倍首相と会談!

会談では、
シリアのイドリブ地域の問題の
エルドアン大統領とプーチン大統領との会談、
「イドリブ地域に非武装地帯を設置することが合意」

これに対して、安倍首相が
「トルコの粘り強い外交努力を歓迎する」と語りました。

エルドアン大統領と安倍首相は、
国際情勢について引き続き緊密に連携していくことで合意!

なかなか見慣れないツーショットです。

トルコリラの対応もよろしくって伝えてほしい。

第73回国連総会出席のため、アメリカのニューヨークに滞在中のエルドアン大統領は、現地時間の9月24日18時(トルコ時間の9月25日1時)に日本の安倍首相と会談した。