トルコリラなど デイリーNEWS!

 

トルコリラ急伸!
その背景には、ブランソン牧師釈放の他にも、カショギ氏失踪事件も…

カショギ氏失踪事件に新たな証拠が!
そしてポンペオ米国務長官とトルコのチャウショール外務大臣が、
本日と会談するようです。



注目のニュースは2つです。

スポンサーリンク


1、トルコリラが急伸19.70円台に!

トルコリラが急伸です。

あと、メキシコペソや南アフリカランドも伸びています。
トルコリラショックでこの2通貨も煽りを食らいましたからね…

この急伸の背景には。
ブランソン牧師の釈放はもちろん、
サウジのジャーナリストであるカショギ氏殺害事件もあります。

市場の見方は、
このカショギ氏事件で米国とサウジの関係は悪化するだろう。
となるとトルコとの関係改善に有利になるのでは…

そんな思いのようで、
米国との関係改善が高まっています。



そんな中、サウジに派遣されていたポンペオ米国務長官が、
トルコのチャウショール外務大臣と会談するようです。

ここポイントですね。

トルコリラチャートの方は…

これなら、今週中に20円台もありえますね。

やっとか…

しかし、何が起こるかわからないトルコ!
安心は禁物です。

スポンサーリンク



2、カショギ氏の失踪事件に新たな証拠が!

トルコリラの上昇のキーポイントとなっているのが、
このカショギ氏失踪事件!

トルコ警察側が新たな証拠が見つかったと…
アップルウォッチ以外に…
もう言い逃れ出来そうにありませんね。

そして、サウジ訪問中のマイク・ポンペオ米国務長官は、
サウジのサルマン国王と会談し、カショギ氏の失踪事件について協議。

ポンペオ長官は、
「徹底的かつ透明で時宜にかなった捜査の支援を確約した国王に謝意を表明した」
という。



そしてこのあと、
トルコ外務省はポンペオ氏と協議のため同国首都アンカラに向かうと発表しています。

証拠とはいったなんなのか?
ここがポイントかもしれません。

トルコの高官は、サウジアラビアのジャーナリストであるジャマル・カソッギが殺されたことを明らかにした、サウジ領事館の調査中に警察が「ある証拠」を見つけたと語った。

当局者は、10月16日に終了した外交使節団の長時間の調査の間に回収された証拠についての詳細は提示しなかった。